【DbD】血族付けない人ってなんで付けないの? 野良でこれなきゃ効率悪すぎる

438: 2020/10/02(金) 22:46:43.86
血族付けない人ってなんで付けないの?
野良でこれなきゃ効率悪すぎるやろ

444: 2020/10/02(金) 22:57:45.84

>>438

他の奴らがチェイスしてる判断、キラーがキャンプしてる判断ができりゃ血族なんていらなくね?
スゲー簡単に判断する方法あるけど

447: 2020/10/02(金) 23:00:41.74

>>444

味方の場所とキラーの行く方向がわかるから超優秀じゃない?個人的には絆よりも血族のほうが圧倒的に優秀やと思う

449: 2020/10/02(金) 23:07:02.79

>>447

血族積んでストライク詰んでないならストライク積めと言いたい
安全救助で無駄な時間使うなら血族外してボロタイ積めと言いたい
わちゃわちゃして全員這いずりされた時や最後の一人を助けるとき用に血族はずして不滅つけろと言いたい
俺の中の血族の優先順位は上のパークを上回る事はない
見てわかるから便利は便利だけど、判断できる部分が結構大きい

456: 2020/10/02(金) 23:29:22.14

>>449

味方がどの発電機回してるかとか救助に行ったけど救助者が見つかって逃げてしまうのか吊り交換するかの判断とか救助被りあるかないかの判断とか間違えようないし野良やとかなり強くない?
俺はウンコマン含め味方全員の場所わかるエスパーじゃないから重宝してるわ。

459: 2020/10/02(金) 23:40:37.44

>>456

めちゃくちゃ便利だよ、それはわかる
だけど他のパークでストライクボロタイでガチキャン、ガチトンを防止できる方がメリットでかいだろって話よ
だからあったら便利だけど必須じゃないのよ

それに、血族で100判断しなくても状況判断で60判断できればいいだろ
救助行けるのか、今キラーがどっちの方向にいるのかがわかればいいだろ
それはこっちの立ち回りでわかるし、どこの発電機やってるのか気にするのなんて残り2台くらいになってからだよそんなん時間がたてば判断できる

441: 2020/10/02(金) 22:55:46.86
血族付けても救助来ない時は来ないし
他が吊られた時見たら2人ウンコ中だったり
0吊りロッカー出てこないマンがいたり
フラストレーションに耐えられなくなったから付けるのやめた

443: 2020/10/02(金) 22:57:13.98
4人で血族付ける意味ないからな
3人付けてれば誰が吊られても全員見える

448: 2020/10/02(金) 23:05:06.55
血族強すぎるから手札後悔も入れてるぞ
狡猾ガチキャンされてから見捨てさせて3逃げ決めれば痛快

451: 2020/10/02(金) 23:09:45.65
血族つけるのって救助の行く行かないの判断だけじゃなく
どこの発電機を回してるか分かるのもかなりデカいぞ
バベチリつけてるかや罠の位置も丸わかりだし
どう考えてもぶっ壊れてる

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/gamef/1601540483/

コメント

  1. ID:1ee087e84
    ランク1の名無しさん より:

    野良を信用してないから

  2. ID:fa3992795
    ランク1の名無しさん より:

    ぼっちなんで血族常備してます……

  3. ID:2a10ae63e
    ランク1の名無しさん より:

    血族付けないやつはだいたい猫付けてんだよ
    意味はわかるだろ

  4. ID:ee6638b68
    ランク1の名無しさん より:

    血族で自分より近い位置の味方がウンコしてる事が見えてるので発電機回し続ける
    いつまで経っても救助しないのでしょうがないのでボロ持ちの自分が救助に向かう
    すると急に走り出して救助する
    そして案の定ボロ無し
    何度こういうの経験したかわからんな

    • ID:2a10ae63e
      ランク1の名無しさん より:

      クソな奴は何してもクソ
      そんなクソは諦めるしかない
      でも頼むからまともな奴の為に血族は付けてくれ

      • ID:ee6638b68
        ランク1の名無しさん より:

        言いたい事はわかるが、まともな奴は血族なくても動けるのよ結局
        で、それをまともな奴だと言うならそいつが血族持てばいいだけの話でしょ?

        血族つけて本当に通電率が上げられるようならそらつけるが現実はそうじゃない
        まあ気分で付けることもあるけど結局いらねってなって外すんだよな

        • ID:2a10ae63e
          ランク1の名無しさん より:

          まともな奴でも救助のタイミングだけは計れないでしょ
          俺は鯖が全員血族つければ通電率は上がると思うが
          救助が被るのが無くなったり吊った後にキラーどういう動きしてるか目視でわかるってかなりデカい情報だ
          他のまともな奴が持っていけばいいとか結局いらねって考えは自己中だと思うな

          • ID:ee6638b68
            ランク1の名無しさん より:

            測れるでしょ特に序盤なら1つ目の発電付いたらそいつが救助行くに決まってる
            行かない地雷の事なんて知らんしそういう奴が血族ないと動けない地雷ってだけでしょ
            お前みたいな奴が理解してない地雷なんだろうな

          • ID:2a10ae63e
            ランク1の名無しさん より:

            ほー
            誰が救助行くなんて決まってねーだろ
            お前の考えで1つ目の発電機点けた奴が救助行くんならそれ以外はどうするんだよ
            血族も付けない地雷が何言ってんだ
            お前の頭の中の考えで他の奴が動くわけねーだろ
            どんだけ自己中なんだよ

          • ID:ee6638b68
            ランク1の名無しさん より:

            ああセオリー理解してない地雷か
            発電付け終わったならフリーなのがそいつなんだからそいつが救助に決まってるだろこんなもんは当たり前最適行動を判断できるならわかるだろアホ

          • ID:401f0ef0b
            ランク1の名無しさん より:

            ee6638b68
            お前が例えた奴以外って言ってんだろが馬鹿
            文面も理解できんのに絡んでくんなカス
            お前初心者に毛が生えたくらいの知識しかないなら黙ってろ

      • ID:5127eaf20
        ランク1の名無しさん より:

        pt組めばw?

  5. ID:a4c4a5495
    ランク1の名無しさん より:

    血族ってまともな奴の動きを効率化できるだけで
    ウンコマンは結局ウンコマンなんだよな…

    • ID:72dd28b0b
      ランク1の名無しさん より:

      これ。
      血族あるのにフックの隣で耐久入るまでウンコとかざらにある。
      しかもそれを赤2の奴らとかがやってるから救いようがない。

      • ID:57204bfdb
        ランク1の名無しさん より:

        さすがに赤でそれはないやろと思ってたら感染状態で小島よしおしてる奴いてワロタ

    • ID:c6446d4e3
      ランク1の名無しさん より:

      それ全てのパークに言えることでは?

  6. ID:8576c4642
    ランク1の名無しさん より:

    便利だけど便利止まりだし、自分が吊られた時も血族あれば良い動きが出来る人はなくてもそこそこ出来るし、何も出来ない人は結局あってもなくても同じだから外した。

  7. ID:b2cd3df93
    ランク1の名無しさん より:

    鯖やる時はそこまで勝利に飢えていないからな
    DS以外は遊べるパーク構成で行くわ

  8. ID:21bfabebe
    ランク1の名無しさん より:

    血族付けてるけどあいつら助けにも来ないし、なんならキラーがフック近くでウロウロしてんの見えてんのに発電機の修理もしないからな。適当に放浪して耐久フェーズ入ってから慌てて救助に来る。はっきり言って赤ランクにいていいサバイバーの立ち回りじゃない。どう見てもランク18前後の初心者。そんな奴らがうじゃうじゃと赤ランクにいるのが現状のdbd。

    • ID:c1c888712
      ランク1の名無しさん より:

      血族は周りに及ぼす影響に期待するパークじゃないぞ。自分のためのパーク。

  9. ID:b2893b35c
    ランク1の名無しさん より:

    血族は1人がつけてたらいいからね、そいつが周りに合わせて効率的に救助・発電・チェイスの判断すればいい
    例えつけてなくて吊られてるとき全員発電機回してたら耐久いっても3台つくからほぼ勝ちだしね
    ウンコいたらって仮定は血族あったとしても負けだしどうでもいい

  10. ID:52da7cf93
    ランク1の名無しさん より:

    1人釣られたときに味方2人がウンコしてたら自分がいくっていう判断できるだけでも十分だわ
    キラーより鯖に苛立つ今の環境に適してるっしょ

  11. ID:ee6638b68
    ランク1の名無しさん より:

    やたらと血族持つくせにボロは持たないのなんなの?
    血族つけるよりもボロもってさっさと引っこ抜けばいいだけの話じゃないの?
    血族つけて救助タイミング伺う意味は何?
    ボロ持たないから救助タイミング伺う必要があるんでしょ?
    んじゃボロ持てば解決するだけの話じゃないの?
    この話題の時毎回マジで意味がわからんすぎる

    • ID:11901ef01
      ランク1の名無しさん より:

      ボロタイ付けて救助しても秒で2回殴られてダウンする鯖とかボロタイ気付かないで板倒す鯖とか挙げ句の果てに無理救するなってファンメが来る始末だからな
      それに隠密系キラーとかフレディとかボロタイ効かないキラーもそこそこ多いし
      実際まともな鯖同士なら強いことは間違いないんだけど味方の質に依存するから結局は味方を補助するパークより自分の能力を高めるパークつまり血族を付けるようになった

      • ID:ee6638b68
        ランク1の名無しさん より:

        フレディは発電機爆発させてから救助いけばだいたいボロ発動できるよ
        救助前に殴られたらダメという制約はあるけど別に使えないわけじゃない

    • ID:72b7ab274
      ランク1の名無しさん より:

      別に血族は救助タイミング伺う為だけのものじゃないからなぁ
      吊られた後の全員の動きが見えてると、残りの人達の動き方とか上手さとかもある程度把握できるし

      全員血族なしで救助マンが揃ったら、全員吊り場所に集合したりしてカオスになりそう

      • ID:7d96df9e3
        ランク1の名無しさん より:

        “吊られた後の全員の動きが見えてると、残りの人達の動き方とか上手さとかもある程度把握できるし
        全員血族なしで救助マンが揃ったら、全員吊り場所に集合したりしてカオスになりそう”

        血族の強いとこはこれ
        他の可視能力いらないくらいこれだけでいいw

        • ID:ee6638b68
          ランク1の名無しさん より:

          結局把握したところでそれが通電に繋がってるかというとそうじゃないから
          血族なし全員DSボロダッシュパークチームの時は余裕で脱出
          血族だらけの時は苦しいみたいな試合なんていくらでも経験してる
          吊られてる人がいる時だけ快適、で?だからね現実は

          • ID:2a10ae63e
            ランク1の名無しさん より:

            どう考えたら通電には繋がらんって答えになるんだよ
            救助が被らんって事はその間ジェネ回せるだろ
            無駄が無くなるって事は通電に繋がるでしょ
            上でも絡んで悪いがこんな答えもわからないなんて初心者か?
            君の例えは逆も言えるんだよ
            最後の一文は意味が分からん

          • ID:ee6638b68
            ランク1の名無しさん より:

            それが出来てるなら最初から出来てるから関係ない事
            あっても無くても脱出出来てる試合

            血族なんて持ってるから最適行動を考える思考力が奪われてるんだろうな
            猫と同じだわ

          • ID:72b7ab274
            ランク1の名無しさん より:

            論理展開めちゃくちゃやないかーい

            全員ノーパークだろうと脱出できるし、ボロタイDS持ちだろうと5分で全滅してる人たちもいるよ

          • ID:2a10ae63e
            ランク1の名無しさん より:

            ee6638b68
            あー
            お前と話しても無駄な事がわかったわ
            頭の中ハッピーセットすぎて話にならん
            馬鹿ならもう喋るな

          • ID:c6446d4e3
            ランク1の名無しさん より:

            そもそも血族を救助タイミング伺うためのパークと考えている時点で地雷なんだよなぁ

          • ID:ee6638b68
            ランク1の名無しさん より:

            実際救助タイミング伺ってるゴミだらけだけど?
            発電と被らないとかいうけど、救助狩りされて結局発電してる奴が救助に行かないといけなくなったりするだろ
            血族なんか意味あったのかそれみたいな事が多いだろ
            結局通電に役に立ってねえからそれ

          • ID:251413ba0
            ランク1の名無しさん より:

            言ってる事めちゃくちゃでワロタw

          • ID:401f0ef0b
            ランク1の名無しさん より:

            c6446d4e3
            それが一番有益な情報ってだけで他にも誰がどの発電機触ってるとかあるよ
            それだけなんて言ってねえよ
            ee6638b68
            お前のその地雷鯖しかいない状況なんて知らねえよ阿呆
            お前が通電に役立ってねえっていいうんなら勝手にそう理解しとけクズ
            あとさっきから日本語おかしいんだよ
            >>血族なんか意味あったのかそれみたいな事が多いだろ
            って小学生以下の読み辛い文面よこすなよ

  12. ID:7f79984ce
    ランク1の名無しさん より:

    俺は血族猫デッハストライクだな
    無理救助せず安全な救助前提なのでボロタイは外してる

  13. ID:3d1f7a560
    ランク1の名無しさん より:

    誰か吊られたのは時の他2人が救助行くでもなく発電機回すわけでもないのが見えたらハッチ戦狙った動きに切り替えれるから便利ではある。
    まぁ結局使わんのやけどな。

  14. ID:a16603c1e
    ランク1の名無しさん より:

    意味のないしゃがみ速度上げてるゴキブリにつけて欲しいパーク

  15. ID:b1cc48d33
    ランク1の名無しさん より:

    DSボロタイデッハ不滅が完璧すぎるからな
    血族つける枠なんてない

    • ID:c1c888712
      ランク1の名無しさん より:

      救助いかないで発電しつづけれる強さが圧倒的だこら、俺は不滅じゃなく血族だわ。

  16. ID:caaf292d1
    ランク1の名無しさん より:

    そもそも①味方のムーブ次第で修理し続けるかどうか②味方がチェイス中なら救助③フェイスキャンプならボロタイ救助で吊り交換④救助直前でどこを発電しているかの確認。

    最低でもこれが判断しやすいから野良専だし、必ず付けてる。VCにはいらないパークではあるだろうけど。

    • ID:72b7ab274
      ランク1の名無しさん より:

      あとキラーが行くおおよその方向とか、バベチリ持ちかとかも判別できるしね
      必須じゃないけどあるとホント便利

    • ID:7d96df9e3
      ランク1の名無しさん より:

      全員血族なしで救助マンが揃ったら、全員吊り場所に集合
      DBDの鯖側で吊られてる時に一番やってはいけないことを回避できるのが一番強いよな
      野良だとまず外せない

    • ID:2a10ae63e
      ランク1の名無しさん より:

      VCでも必須だぞ口頭の説明より目視で確認した方が確実

      • ID:ee6638b68
        ランク1の名無しさん より:

        もうこういう事言ってる時点で地雷確定なの理解してないんか

        • ID:2a10ae63e
          ランク1の名無しさん より:

          お前さー
          否定したいだけなら他でしろよ
          説明もなしに否定だけするならただの荒らしだからな

          • ID:ee6638b68
            ランク1の名無しさん より:

            いや、VC使ってもわからんとか地雷でしかないだろ
            頭狂ってるのか?

          • ID:e5ed3c7e4
            ランク1の名無しさん より:

            VC使わない人にはVCで実際どの程度情報伝達できるのか実感わかないんだよ
            正直自分は野良専だから世の中ここで言われてるほどVCPTばっかでもないと思ってるしキラーやってても相手がPTとか気にしない
            逆に同じ理屈でここでVCPTに文句ばっかり言ってるのは自分達がVC使ってるから当然相手も同じだと思ってるんだろうなって思ってしまう
            だからVCPTが如何に強いか力説してる人を見るとコイツ自分がVC使ってるの丸わかりなのに害悪だの何だの可愛いなって思うわ

          • ID:401f0ef0b
            ランク1の名無しさん より:

            ee6638b68
            やっぱりお前馬鹿だろ
            口頭でも情報より視覚の情報の方が確実だろうが
            誰がVC使ってもわからんって言ってんだよ

          • ID:fd063274b
            ランク1の名無しさん より:

            >VCPTが如何に強いか力説してる人を見るとコイツ自分がVC使ってるの丸わかり
            KYFっていう可能性を考慮してないあたり
            ろくに考えないで噛み付いてるのが丸わかりだね
            というかKYFの可能性を除外しても、他ゲーでVC使ってる奴ならどの程度の連携が取れるかの想像くらいつくでしょ

  17. ID:3d7242d09
    ランク1の名無しさん より:

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

  18. ID:322ff1ef4
    ランク1の名無しさん より:

    キラーもやってりゃ鯖やっててもキラーの行動なんて大方予想つくだろだから血族なんて無駄枠特に初期からやってる人らは血族強化前から動けてるから便利とは思うけど必須ではないわな血族ありきでしか行動出来てない人は地雷気味だから自覚した方がいいよ

    • ID:a4c4a5495
      ランク1の名無しさん より:

      今の爆速発電環境でまともに動ける奴がそろってるって前提なら
      血族に限らずどのパークも便利止まりで必須パーク自体が存在しないわ
      オブセ付けるために誰か1人DS付けてりゃ良いねってくらい

  19. ID:f49fb9fa4
    ランク1の名無しさん より:

    血族持ってようが持っていまいがウンコマンいるだけで見殺しにされるゲームなんだ
    ウンコマンの判断力のなさはすごすぎる…

  20. ID:ebe1546a6
    ランク1の名無しさん より:

    めっちゃ付けたいけどワイのLv50ケイトちゃんが血族持ってきてくれないんだ…

  21. ID:9b6213eca
    ランク1の名無しさん より:

    どうせガチキャンがきちぃし苦肉逆境ボロタイで無理矢理引っこ抜き重視
    そこからデッハで板まで間に合うと熱い

  22. ID:6d4ef4c5b
    ランク1の名無しさん より:

    チェイスですぐ死んでも役に立てる気がして付けてるわ。最低限の仕事した気になれる

    • ID:f403cd460
      ランク1の名無しさん より:

      それもデカイよな。下手なやつほどつけるべき。
      初心者必須パークやと思てる

  23. ID:a20bdf903
    ランク1の名無しさん より:

    野良鯖で一番難しくて一番勝敗に直結する救助が容易に最効率でこなせる血族より優先度の高いパークなんかほとんどない
    んだが血族あろうがうんこしたり複数人で救助争奪戦したりしてるのが現実なのが悲しいよなー

    とりあえず無事でも何の役にも立たないうんこまんには付けててほしいところだけど
    そういうやつほど付けないしなんなら自殺すんだよな・・・

  24. ID:f42043621
    ランク1の名無しさん より:

    血族は味方のウンコが見えるからつれえ

  25. ID:8b23c7e62
    ランク1の名無しさん より:

    血族信者だから手札公開まで付けてるぞ
    ゲームメイクしやすくて通電も増えるとかもう外せない

  26. ID:719df23ed
    ランク1の名無しさん より:

    血族無くてもワカルマンいるけど絶対嘘だぞ
    分かって無いときの方が絶対多いぞ

    • ID:a4c4a5495
      ランク1の名無しさん より:

      分かってないのは気付けてないってことだからな
      上手くいった時の記憶だけ都合よく残してる

    • ID:251413ba0
      ランク1の名無しさん より:

      血族無くてもワカルマンいるけど絶対嘘だぞ←それなw
      どうせptなんだろなー

  27. ID:ee6638b68
    ランク1の名無しさん より:

    血族マン「ゲームメイクできる!」→全滅だらけ

    こんなんばっかだろ現実はw

  28. ID:bef45d746
    ランク1の名無しさん より:

    血族つけてると、味方誰一人見えなくてロッカーでも隠れてるのかなって思ったら横でウンコしてる奴結構いるわ

  29. ID:4d8285dd1
    ランク1の名無しさん より:

    雑魚は血族付けても無理救助したり永久ウンコするし、うまい奴は血族なくてもベストなタイミングで救助する。
    結局腕前次第だから必須級のパークにはならん。

  30. ID:32ce2d701
    ランク1の名無しさん より:

    血族外す最大の理由は他のサバイバーがムカつく動きするからだろ
    血族つけてるのに奇妙な動きされて耐久入れられたり、間に合わないタイミングで走り出してきて目の前で時間切れ起こした挙句に、キラーに殴られたり、吊り交交換しようとしたのかそのままダウンしたり
    血族の代わりに猫不滅アイウィルなど強力なパーク入れられるのに1枠割いてこんな動きされたらたまらんわ

  31. ID:5e2653f58
    ランク1の名無しさん より:

    血族は自分は使いたくないけど周りに持ってて欲しい時あるある

  32. ID:fd7f75076
    ランク1の名無しさん より:

    別に役に立つとかそんな下らないことで付けてないしな……血族で味方を観察するためにつけてるぞ

  33. ID:467a72779
    ランク1の名無しさん より:

    血族付けてもどうせウンコはウンコしてるし変わらんよ
    狡猾ガチキャンキラーくらいにしか刺さらないしそれもどうせ救助行けばすぐ分かることでそれならその枠に別パーク積んだ方がよっぽど有効
    これが要るって思ううちはまだ初心者脱却できてないわ

    • ID:401f0ef0b
      ランク1の名無しさん より:

      地雷を目安にするなよ
      血族より優先するパークがあるとか思ってるお前らは初心者に毛が生えてイキッてるただの地雷だよ
      地雷を例えに出す時点でお前らは馬鹿なんだから勘違いするなよ
      もしくは自分の事しか考えてない自己中のゴミクズニートくんだ

      • ID:467a72779
        ランク1の名無しさん より:

        自分が血族付けてるからって貶されて怒っちゃった? ごめんねw
        判断力無いと常にハンデ背負ってゲームしなきゃいけないから大変だね~~~

        • ID:401f0ef0b
          ランク1の名無しさん より:

          ガキのニートはすぐに怒って煽ってくんのな
          目に見えてない情報は確実じゃないんだから判断力もクソもねーだろ
          お前の判断力は絶対なのか?すげーな
          血族がハンデというぐらいならお前の有能パーク教えてみろよ
          あ、あと働けよゴミ

          • ID:467a72779
            ランク1の名無しさん より:

            ブーメラン乙
            少なくともVCPTでも血族要る目に見えないと確実じゃないとか言っちゃう子の判断力よりは良い判断で動けてるよw 想像力ある?w
            ログ見る限りどうせ何言っても文句付けるゴミクズニートくんっぽいから仕事に戻るね~

  34. ID:06f2bacca
    ランク1の名無しさん より:

    自分は絆つける派だけど
    血族は救助時の安定感が上がるから非常に優秀なパーク
    しかも多数派が使えるから強い
    キラーにもこれぐらい強いパーク欲しい