【DbD】プレイヤー満足度アンケートが実施中

499: 2020/10/03(土) 02:36:59.84
無意味なアンケート来てるけどとりあえずPT可視化だけは要望しといたわ

519: 2020/10/03(土) 04:36:38.38

>>499

VCPTチーター達がメイン客層なんだよ

500: 2020/10/03(土) 02:53:12.85
アンケートが鯖目線でキラー側の意見なんか求めてないのは分かった

501: 2020/10/03(土) 02:57:42.63
発電機付けるのが速いと鯖にペナルティー科せって送った

502: 2020/10/03(土) 03:04:45.48
三角様に頬ずりしたい
糞アンケート答えたよキラー寄りの回答で
俺は三角様さえいればそれでいい

503: 2020/10/03(土) 03:11:55.97
アンケート答えたけどメメントと這いずり放置はお鯖様のフラストレーションが溜まるってことにしたいんだなと思った

522: 2020/10/03(土) 04:49:05.26
なんかアンケート送信ボタンポチった瞬間に公式に飛んだんだが送れてんのかこれ

537: 2020/10/03(土) 06:14:17.01
アンケが全部鯖目線なのほんと笑える

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/gamef/1601540483/

コメント

  1. ID:b8db7ff96
    ランク1の名無しさん より:

    ロッカーDSだけ直してほしい
    ロッカーや窓枠、発電機のキャッチだとDS発動しないで良いだろ
    鯖にキラーを舐め腐った動きさせるのが目的でないなら最低限それだけはさぁ

    • ID:d3707a388
      ランク1の名無しさん より:

      あーロッカーDS書き忘れた
      お前ら頼む

      • ID:a863ef319
        ランク1の名無しさん より:

        ロッカーdsの苦言が多ければ多いほどキラーには効いてるって判断になるからなくならねーよどうせ

        • ID:6191cc9a9
          ランク1の名無しさん より:

          マシューはdsのスキチェすらできんからロッカーds なんてそもそもせんよ

  2. ID:c1069ac08
    ランク1の名無しさん より:

    いい加減、まずは全てをローカライズしろと言いたいわ。
    このアンケートすら日本語が稚拙だし、donは仕事してんのか?

    • ID:77d5daf04
      ランク1の名無しさん より:

      してる訳ないじゃん。もうゲームすらやらずにキラープレイヤー煽ることしか考えてないよ

    • ID:169811327
      ランク1の名無しさん より:

      Google翻訳っていう最終手段すら取ってないんだから適当にやって仕事してる気になって踏ん反り返ってるだけよ。

    • ID:d3707a388
      ランク1の名無しさん より:

      言うてこのアンケートでは意味不明な日本語無かっただろ
      公平の~とか解釈の難しい質問はあったけど

      • ID:db3dfe347
        ランク1の名無しさん より:

        誤訳以前に翻訳を出来てないと言ってるのに
        サボるなと言ってるんだっての

      • ID:ef86ac121
        ランク1の名無しさん より:

        そもそも英語のままとかあったじゃねーかw

      • ID:8576c4642
        ランク1の名無しさん より:

        そのあたりの解釈がよくわからなくなる英語の本文の意味を汲み取って日本語に意訳するのが翻訳なんです。直訳は専門書とか論文以外しないしこれだったらGoogle翻訳に突っ込めば素人でもできる。

      • ID:ee6638b68
        ランク1の名無しさん より:

        えぇ・・・

    • ID:6bdc790f0
      ランク1の名無しさん より:

      まともに仕事してないのに、余計な事だけは一丁前にやってユーザー煽ってるカスだから何年も叩かれ続けてるんだぞ

    • ID:16cbf8c4b
      ランク1の名無しさん より:

      次のサバイバーパークは役に立ちますか?
      ドラゴンの掌握/不死/血の恩恵

      は?

      • ID:456609a0c
        ランク1の名無しさん より:

        こんな質問出てこなかったな、人によって違うのか?

  3. ID:cf83e578e
    ランク1の名無しさん より:

    バグび関して絵文字使って謝罪とかふざけるなどういう神経してんだ
    って内容は送った

  4. ID:bef45d746
    ランク1の名無しさん より:

    公式ツイートの部分に、皮肉とかあって草。あいつら自分で分かってやってるんだな。

  5. ID:afd6a87cb
    ランク1の名無しさん より:

    三角頭の調整は適切だったと言われると疑問しかない。
    フレディの様に強能力盛ってる訳でもなく、低ランクサバイバーを狩ってる訳でもないのにな。審判も檻もトレイル踏ませないと発動出来ないから、罰を使いやすくしますってんならもう少し硬直短くしてくれて良くない?ほぼ実感出来ないレベルなんだけど。

    ゴスフェもそうなんだけどアドオンがゴミなのを真っ先に調整して欲しいわ

  6. ID:57a21beb9
    ランク1の名無しさん より:

    そんなサバ目線のアンケートか?
    流石になんにでも文句つけすぎだろ

    • ID:bc75de4d6
      ランク1の名無しさん より:

      とにかく難癖付けたいんだよw
      でも一部の下手キラーだけだと思うよ。そもそもクロスになって、サバの質も低下してさらにランクがお飾りになった中でこれだもんな。

    • ID:a4f51cc9e
      ランク1の名無しさん より:

      害悪行為をするサバイバーの存在を認知した上での質問がそれなりにあったから、ある意味鯖目線ではあるんじゃないかな。

  7. ID:cde7f90d4
    ランク1の名無しさん より:

    これほんま意味ないよな。半数の人間がネガティブなことを送ってるはずなのに改善されないんだもの。

    • ID:b2e9cf11a
      ランク1の名無しさん より:

      何をもって半数がネガティブな内容を送ると?ここの情報?それともフレンド?w

      • ID:b6b04b448
        ランク1の名無しさん より:

        鯖専はいつでもナーフコールしてるしキラーは理不尽環境どうにかしろっていつでも言い合ってるんだからネガティブな反応だらけって予想になるよ

        というか日本のも海外のも両方公式フォーラム見てくればいつでも揉めてるの分かるだろ

    • ID:546306496
      ランク1の名無しさん より:

      総プレイヤー半数の鯖専がキラーにネガティブ意見送ってナーフされてきた過去知らないのか?キラープレーヤーの半数が送ろうと相対的には少数意見出なのが実情よ。

      • ID:cde7f90d4
        ランク1の名無しさん より:

        いやあれもはや改悪じゃん。改善されたことほとんどないやん?

  8. ID:ad5117937
    ランク1の名無しさん より:

    文句言いながらDBD絶対辞めないマン多すぎて草生える

  9. ID:17331b3da
    ランク1の名無しさん より:

    お前らこういうアンケートでは特に修正してほしいところを1つ選んでそこだけを強調しろよ
    挑発行為が気に入らないならそこだけ最悪評価で他は甘めの評価入れて強調しろ

    • ID:f374a5838
      ランク1の名無しさん より:

      プリティ舐めてんのか?修正して欲しいところ1つ、他4つ甘めの評価したら4/5高評価だから直さなくていいとかなるぞ

  10. ID:ffa1715e8
    ランク1の名無しさん より:

    トラッパーは黄色鞄をデフォルトにして下さいとお願いしたわ。これぐらいならいけるだろ

  11. ID:6db83bcdb
    ランク1の名無しさん より:

    もう運営に届かないアンケートには応えないのがいいんじゃね?運営もアンケートの内容よりも届いた数だけ見て「まだまだイケるやんw」とか勘違いしてそうやし

  12. ID:1ab89ac8a
    ランク1の名無しさん より:

    全滅に拘ってる訳じゃないから2サク2逃げのバランスでいいんだけどさ。それならキラーの査定を見直して、一回の儀式で獲得出来るBP増やして貰わないとやってられないよ。
    今2サク2逃げだと米は変動無しでもBPがしょっぱ過ぎてアドオン代が稼げない
    って回答してみたけど、全回答しっかり読んでるか怪しいよなぁ

  13. ID:b082d3ed3
    ランク1の名無しさん より:

    とりあえずマシューというプリティを運営から引きずり落として下さい。

  14. ID:d9ab782b0
    ランク1の名無しさん より:

    「意思決定の多い殺人鬼」
    「全体的にシンプルな殺人鬼」

    誰の事言ってんの?この質問でデータ取ってエアプが活かせるの?

  15. ID:3a5652b03
    ランク1の名無しさん より:

    メメントを使うキラーが害悪と思うか?思わないか?

    なにこの詰問

  16. ID:b6da2a925
    ランク1の名無しさん より:

    ドワイトとレイス君スマブラ参戦

  17. ID:b2893b35c
    ランク1の名無しさん より:

    スレで言われてたから答えにいったら普通に両目線だったわ
    アンケ見たらすぐバレる嘘をなんでわざわざつくんだろ、キラープレイヤーへの悪い印象植え付けることになるぞ
    とりま今回のアンケで鍵とメメントは調整されるだろうな

    • ID:fd44cd7d5
      ランク1の名無しさん より:

      メメントはされそうだけど鍵はどうかね?運営のことだから、メメント弱体化の声は沢山あったけど鍵はそんなになかったからいいかってしそうだけどね

  18. ID:ee6638b68
    ランク1の名無しさん より:

    回答の選択肢が5つくらいあって、そのうち4つがポジティブ回答で1つだけがネガティブ回答みたいなのあるけど、あれ4つのうちどれ選んでも全部ポジティブとしてカウントされるからね
    ああいうアンケート取っておいて「多くの人がポジティブな回答をしました」とか平気で言うから

    真ん中が「普通」とか「どちらでもない」じゃなくて「少しいい」みたいなやつもあったけど、あれも3/5がポジティブで2/5がネガティブ回答になってて運営がどういう回答を求めているのかが透けてたな

  19. ID:caaf292d1
    ランク1の名無しさん より:

    このアンケートの「威圧感ありすぎると思う殺人鬼を選んでください」ってなんのことだよ。一部英語のままだし翻訳舐めてるだろ。

    • ID:9dcd86c53
      ランク1の名無しさん より:

      圧倒的存在感を持ってきてくれるキラーがおるじゃろう

    • ID:9487d2fa5
      ランク1の名無しさん より:

      フラストレーションのことだろ
      下手なこと書くとまた下げられるから適当に流しとけ

    • ID:5cd22b9ce
      ランク1の名無しさん より:

      次のとこ見る限り弱いと思うキラーと強いと思うキラーを挙げてくれって言ってるんだと思う

  20. ID:3d7242d09
    ランク1の名無しさん より:

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    • ID:28afd2e25
      ランク1の名無しさん より:

      うんち

    • ID:a2beed893
      ランク1の名無しさん より:

      暇人

    • ID:87374c5e8
      ランク1の名無しさん より:

      これは投稿者より、ここの中のヤツが無能
      普通は文字数段落制限つけて荒らし排除ぐらいする
      だが、カンㇼシャというNGワード付けて批判恐れるぐらいの無能オブ無能

      • ID:b6b04b448
        ランク1の名無しさん より:

        昔は荒らしのコメント削除してたから本当に人が変わったんだな

  21. ID:af106aba9
    ランク1の名無しさん より:

    とりあえず公式ツイッターの項目はボロクソに評価しといたわ✌

  22. ID:c7cd37eb2
    ランク1の名無しさん より:

    どうせ期待しても無駄
    何度もアンケートに色々書いた

  23. ID:ba16a51dd
    ランク1の名無しさん より:

    威圧感がありすぎるキラーの項目は草生えた

    • ID:da5c7e110
      ランク1の名無しさん より:

      キラー側に対する質問が薄すぎる
      鯖に対しての質問ばっかりに見えたわ。

  24. ID:e1642af59
    ランク1の名無しさん より:

    ロッカーストライク無くして欲しいだけ書いた
    あとは鍵とメメントバランス悪すぎってくらいかね

    二人以上発電早すぎるも書いておけばよかったかな

  25. ID:fd44cd7d5
    ランク1の名無しさん より:

    dsには這いずりしろって運営が言ったんだろ

    • ID:001bd7caa
      ランク1の名無しさん より:

      DSの1分放置じゃなくてラス2這いずりとかの試合決まった後の不毛な時間のことじゃねーの

  26. ID:c4925c5d8
    ランク1の名無しさん より:

    日本語でアンケート答えてたら急に英語で語りかけてくるのやめて