[翻訳]Patch notes 1.8.0 Nightmare

主な変更点とコンテンツ
・ほどよくマップのオファリングをブラッドウェブ、SWFのオファリングインベントリから削除しました。

バランス改変
・すべての角度から救助することが出来るようになりました。これはフックをより幸せな場所にするための第一歩です。
・調整後の様々なスキルチェックはアイテム、パークが使用されていないときに現在は少し高すぎると考えられます。アイテム、パーク、アドオンを通じてより健全なスキルチェックとして次のものを変更します。
 
 治療について
 他人からの治療のスキルチェック確率は15%のまま。
 他人からの救急箱つきの治療のスキルチェック確率も15%のまま。
 自分で救急箱を使い治療する場合のスキルチェック確率を15%→12.5%へ。
 セルフケアを使い治療する場合のスキルチェック確率を15%→10.5%へ。

 修理、フック破壊について
 工具箱を用いて修理する場合8%→10.5%へ。
 工具箱を用いずそのまま修理する場合のスキルチェック確率は8%のまま。
 サボタージュと工具箱を用いてフックを破壊する場合のスキルチェック確率15%のまま。
 サボタージュのみのフック破壊をする場合は15%→10.5%へ。

・血の渇望のレベル段階が上がる時間を12→15秒へ変更。以前は12秒に設定されていましたがそれはエラーです。いつエラーが起きたのかよく分かっていませんが、キラーが生存者を見失う機会を設けるために血の渇望のレベル段階が上がる時間は15秒にする必要があります。
・生存者が担がれてもがいてるのを落としたときのペナルティーが25%→33%に増加。これによりフックに吊るすまでに5回ドリブル出来ていたのが3回までに。
・治療のスキルチェックでGoodを出したときのボーナスが1%→0%へ減少。Goodのスキルチェックは失敗しないように意図して作られているため
・クローク中のレイスの声の音量を下げました。
・マクミランエステートミザリーの2階部分の一部の手すりを削除。

バグ修正
・生存者が‘‘フランクリンの悲劇‘‘を装備したキラーによってアイテムを失うときに出すオーディオキューを調整しました。
・White ward(白の魔除け)、Milky Glass(白いガラス)、Weaved Ring(編み込みリング)を使ったときにもアイテムを失われる問題を修正しました。
・レイスの攻撃時、ポンチョが視界に入る問題を修正しました。
・アイテム、アドオン、パーク、オファリング、キラーの能力がスコアボード上に間違ったタイプのテキストを持つ問題を修正しました。
・シェイプのアドオン、”Scratched Mirror(傷付いた鏡)”、”Vanity Mirror(化粧台)”を使用したときにボーナスポイントが取得出来なかった問題を修正しましたが現在のポイントは高すぎるので次パッチで減少させます。
・カニバルで板を蹴ったときにチェーンソー音がループする問題を修正しました。
・生存者が使っている間”フランクリンの悲劇”によって工具箱のアドオン”Brand new part(真新しいパーツ)”を破壊しないように修正しました。←使用中にフランクリンで叩かれることによりゲージは増やして歯車を温存出来る可能性?要検証。
・アプリケーション終了時にプレーヤーのランクがリセットされる可能性のある問題を修正しました。
・kill your friendsの各試合終了後にマッチ管理の設定がデフォルトにリセットされる問題を修正しました。
・kill your friendsのホストでないキラーが試合を終了する際にゲームに残りうる問題を修正しました。
・”No one left behind(誰一人として置いていかない)”の実績が取得不可能になっている問題を修正しました。
・フックを部分的に破壊したときにポイントが得られない問題を修正しました。
・チェストを部分的に探索したときにポイントが得られない問題を修正しました。
etc..

あんまり必要ないかな、と思ったとこは書いてないです。翻訳間違ってたらごめんなさい。

原文→http://steamcommunity.com/app/381210/discussions/16/1480982338946530500/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする