【DbD】キラー不利の調整って結局鯖をつまらなくさせるだけだと思うけど

367: 2020/09/30(水) 20:27:53.30
キラー不利の調整って結局鯖をつまらなくさせるだけだと思うけどな
キラー切り替えできた時代ならキット持ち多かったらリージョンに切り替えて試合するとかあったけど今は何が来てもキラー変えられないからはじめからメインキラーしか使わないし、そもそも強キラー使わなきゃ試合にならない環境だから同じキラーばっかり見る
トンネルやゆるキャンしなきゃ勝てないから第一村人への殺意が高い
ウルメメ弱体化したら何が起こるかってフルアイテムかようぜえからウルメメ持ってくかって相手してくれてたキラーが今度は黙って退出するようになる
退出してマッチングしなおすキラーの時間が浪費されて鯖のマッチング時間が更にのびる

368: 2020/09/30(水) 20:29:09.46

>>367

鍵も同時に弱体化するんじゃないの?

375: 2020/09/30(水) 20:34:43.63

>>368

そもそも鍵の弱体化とメメントの弱体化が同等に公平にされるかは置いといて
別にメメントって鍵のメタじゃなくね
人数減るほどハッチ出しやすくなるんだからむしろ鍵使うならウルメメのが都合いい
残り2人になるまでに発電機3台くらいは直せるし

372: 2020/09/30(水) 20:31:27.22

>>367

その内、サバイバー側の持ち込みアイテムは儀式が始まるまで確認不可能になります
とか調整でやってきそう

373: 2020/09/30(水) 20:32:42.05

>>367

まじでそうおもう
強キラー以外人権ない
そしてその強キラーもは

382: 2020/09/30(水) 20:47:03.85
下手くそが上手い鯖に当たって鯖有利って言ってるだけだな
実際には下手くそキラーの俺でもランク4まで行けるのが現状
ハントレスしか使えないけど

389: 2020/09/30(水) 20:56:07.76

>>382

中にはそういうのも居るけど厳選メメント強アド無しで1維持出来るくらいになってからそういう書き込みしてくれ

399: 2020/09/30(水) 21:06:09.89

>>389

強アド使うのは別によくね?
ケチ臭いアドオン使って勝てねー勝てねー言ってる雑魚キラーはもっと強アドに頼ればいいのに

401: 2020/09/30(水) 21:19:11.85

>>399

下手な人が文句言ってるだけ見たいな事言うならそれくらい出来る様になってから言ってくれってだけで
そういう書き込みしないなら別になんとも思わんよ
キラーやってる身としては頑張ってる初心者キラーとかにそんな事言われるといらっとしてしまった

404: 2020/09/30(水) 21:26:09.55

>>399

言うてキラーによっちゃ強アド使うなら鍵マップハッチオファ持ち込まれても文句言えないのがあるから何とも。一撃斧とか

もしマッチ前にキラーがウルレアアド積んでるの分かったら焚き火に戻ろうが何だろうが対戦キャンセルされまくると思う

405: 2020/09/30(水) 21:28:45.79

>>404

現状キラーのアドオンが開始前に分かることはないので無駄議論

406: 2020/09/30(水) 21:29:43.53

>>404

それ言い出したらフルパって分かったら退出される試合もかなりあると思うけど

421: 2020/09/30(水) 21:54:10.13

>>406

実際野良でもパーティっぽい構成だと退出されてるしアイテム4持ち込みも退出結構多いが
強アドやウルメメの持ち込みはもっと多いぞ。明らかに野良の集まりでも

409: 2020/09/30(水) 21:31:06.52

>>404

逆やろ鍵とか持ち込んでんの見えるから強アドとか付けられんだろ

496: 2020/09/30(水) 23:53:58.90

>>404

つかそもそもキラープレーヤーに人権あると思ってないから何やっても忌み嫌われるだけだよ。それこそ無駄議論だねぇ

引用元: https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/famicom/1601394282/

コメント

  1. ID:78ded9cfa
    ランク1の名無しさん より:

    毎回脱出できないと鯖のフラストレーションがたまるのでキラーナーフは止まらない。
    上手いキラーが数人いるだけでその戦術を構成するパークやアドオン、長年仕様だった内容は全部ナーフ対象。

    • ID:17c2fc1d6
      ランク1の名無しさん より:

      主人公が苦戦すると大荒れしたり作者への誹謗中傷が殺到するなろう小説に相通じるものがあるな

  2. ID:a8ab25857
    ランク1の名無しさん より:

    正直いまほどキラー有利な環境なくね
    万年紫キラーだったのに不死実装から一気に赤1達成したよ

    • ID:d3f55307b
      ランク1の名無しさん より:

      確かにクロスプレイ来てから雑魚鯖の割合が激増したからキラーの勝率上がったけど、それをキラー有利な環境と言うのは違うと思う。まともなキラー:まともなサバ同士で比較してバランスは取ってほしいよ。

    • ID:a99e1ebb5
      ランク1の名無しさん より:

      雑魚と強者がマッチングしてるだけの話なので、これはランク査定とマッチングの問題であって有利不利のバランスの問題ではない
      赤ランクに雑魚鯖が上がれてしまう事が問題

      • ID:5250aeb4e
        ランク1の名無しさん より:

        でもここでキラーが不利だの言ってた奴らはせいぜい緑ぐらいだぜ?

        • ID:86809b537
          ランク1の名無しさん より:

          掲示板にいる連中のランク覗き見できる能力でも持ってるんか?

          寝言いってないで病室に戻った戻った。

          • ID:3683f0067
            ランク1の名無しさん より:

            キラー不利って言ってんだから負けてるってことだろ?だから緑ぐらいになるんだろ。馬鹿だなお前。

    • ID:460b46a57
      ランク1の名無しさん より:

      不死は実用性があるって程度で環境を破壊するほどの効果じゃない
      単にお前が上手くなったか鯖が下手になっただけ

  3. ID:c3e54e218
    ランク1の名無しさん より:

    持ち込んだアイテムはチェストから探らないと出てこないくらいにしろ

  4. ID:6429b5e0f
    ランク1の名無しさん より:

    正味どんなに弱体化されても今のサバイバーに全然負ける気がしないわ

    • ID:bf6184222
      ランク1の名無しさん より:

      プリティ「じゃあ全キラーデモゴルゴン並になるまで弱体化しますね」

      • ID:1d98ce249
        ランク1の名無しさん より:

        デモゴルゴンも2サク基準だとopなんだよなぁ…

      • ID:6429b5e0f
        ランク1の名無しさん より:

        いいじゃないか。どんどん雑魚共のツケを払ってといてやろうぜ
        キラーに負けんのが恥ずかしくなるぐらいの弱体化こいや

    • ID:78ded9cfa
      ランク1の名無しさん より:

      キラーの方が鯖より足遅くしよう。運営のジョーク発言の1つだけど
      渇望でいつかは追いつけるから問題ないね。

      • ID:783746f4c
        ランク1の名無しさん より:

        3秒歩いたら渇望切れるからわかってる人相手なら一生追いつけないで試合終わるで

  5. ID:24a6f5ec9
    ランク1の名無しさん より:

    ロビー退出したらペナルティかせばいいんだよ。5分ぐらい接続不可に。

    • ID:fcc273948
      ランク1の名無しさん より:

      キラーが足りない現状なのにキラーを接続不可にするのか…

      • ID:24a6f5ec9
        ランク1の名無しさん より:

        キラーのせいだからしょうがない。
        数分まってもいいから厳選したいとかいうキラーばっかりだったらゲーム終わるが流石にそんな事はないと信じたい。

        • ID:6429b5e0f
          ランク1の名無しさん より:

          鍵溢れてキラー引退で終わりだべ

          • ID:24a6f5ec9
            ランク1の名無しさん より:

            厳選出来ないから引退するわがままキラーばかりじゃないと思う。普通に鍵含むアイテム相手と勝負するようになるよ。

          • ID:176ab80d8
            ランク1の名無しさん より:

            いいから黙ってろよ鯖専、そういうのは自分がキラーやって初めて言っていい事だぞ。

            キラーを奴隷化なんかとガチで勘違いしてないか?

          • ID:24a6f5ec9
            ランク1の名無しさん より:

            まーたレッテル張りかよ。意味の無い事やめろよ。俺はキラー赤帯だから言う権利あるね。

            奴隷だなんて思ってない。普通に戦えと言ってる。そっちこそサバイバーをBOTとでも思ってんじゃないのか。

          • ID:6429b5e0f
            ランク1の名無しさん より:

            鍵とメメントはもうまともにゲームやる気ねぇじゃん
            終わりだべ

    • ID:2f385dfdc
      ランク1の名無しさん より:

      んー、まずはガバマッチが何とかなるまではペナやめといた方が良い。
      ただでさえ少ない初心者キラーが死滅して、マッチング時間がこれ以上延びるのは致命的だよ。

      • ID:c5e8e2d8a
        ランク1の名無しさん より:

        ペナルティで初心者が死滅する理由がわからん。マッチしたらそのまま儀式始めるだけだろ。
        むしろこの特定のアイテムにヘイト向きまくってる謎ルールの方が初心者遠ざけてるわ。

  6. ID:465bcc591
    ランク1の名無しさん より:

    VC使わなければメメント使わない
    VCを使うから使わざるを得ない 俺は悪くない

    • ID:f67a40196
      ランク1の名無しさん より:

      そもそもVCPTとゲーム内のシステムが同等みたなのがおかしい。
      個人的には壊れアドオンはどっちに使われても
      祭りじゃーって感じで楽しめるが、PTだけは別。

      下手のあつまりでガヤガヤやるPTなら別だけど区別できんし、
      無くせとは言わないが理不尽マッチになりがちなキラーに補償しろよと。

  7. ID:c2b844545
    ランク1の名無しさん より:

    そんな貴方にフランクリン!

  8. ID:60ba5d9cc
    ランク1の名無しさん より:

    ゴミみたいにキラー不利調整だけどそれを下回るレベルのカス鯖が野良に跋扈してるから結果的にバランス取れてるとかいうクソみたいな環境
    スキルレーティングでも何でもいいから早くどうにかしろ

    • ID:43c83d15c
      ランク1の名無しさん より:

      やっぱ破滅ナーフ辺りから鯖の練度下がってるよなぁ
      まともにスキチェ出来なくて発電機回せない鯖でも赤紫になるせいでやっぱ赤鯖は上手いなぁよりこれで赤鯖かよ…って感じることが増えた

  9. ID:cd0993b85
    ランク1の名無しさん より:

    いい加減、レディ押した状態でアイテム持てないようにして欲しいわ

    • ID:c634eb24d
      ランク1の名無しさん より:

      今は気にするほどアイテム強くないやろ
      PTの工具箱はちょっとうざいがw

      • ID:cd0993b85
        ランク1の名無しさん より:

        このケースだと鍵しかないやろ・・・

      • ID:0749c0cd1
        ランク1の名無しさん より:

        既に強い人は良いだろうけど初心者キラーは辛いんだ…
        パーク一個初心者がフルパークアイテム持ちに当たる時点でもう無理

  10. ID:390e18129
    ランク1の名無しさん より:

    野良で鯖やってても、他が3vcptだったら発電機直してるだけで通電するから楽しくないわな。
    ptの連中も暇なのかふざけ合ってるし(だからptだと分かるんだが)、あれで楽しいのか疑問。

    • ID:f67a40196
      ランク1の名無しさん より:

      他の仲間内で殺伐としがちなガチゲーと違ってこのゲームの鯖は
      fallguysみたいなノリで楽しめちゃうからな。
      気の合う仲間で集まれば何をしたって楽しいんだし、
      たまたまDBDってツールを知りえたってだけだろうし。

      • ID:460b46a57
        ランク1の名無しさん より:

        ゲームの出来程度で仲間内で殺伐とするようなのはそもそも気の合う仲間じゃなくね?
        後の行に書いてあるけど、負けてもうわー相手強かったなーくらいで次行くのが普通っしょ
        フレ何人かとシージランクマやるけど、負け込んだからギスギスするとか全然無いぞ

        • ID:f67a40196
          ランク1の名無しさん より:

          あー、クラメンとかのイメージだったわ。
          CS1.6時代は結構殺伐としがちだったから・・・

  11. ID:390e18129
    ランク1の名無しさん より:

    鍵とメメントの弱体化は「同時にやるとは限りません」ってわざわざ言ってるから、
    メメントだけ弱体化して「鍵は準備中です」っていつまでも弱体化しないのが目に見えてる。

    DSも「想定外の使い方をされているので対処します」って言ってから、何か月も放置されてるし。
    キャッチで発動しなくするか、ロッカーキャッチされた鯖は這いずり状態になる変更だけで対処できるだろうに。

    • ID:f67a40196
      ランク1の名無しさん より:

      DSロッカーは運営が技術って言っちゃってたような気がした。
      前途は暗い。

      • ID:a00bd8264
        ランク1の名無しさん より:

        またお得意のクールなテクニック(笑)かな?
        そんなん技術とか言われたんじゃもはやサバイバーも馬鹿にされてるレベル

  12. ID:db403365b
    ランク1の名無しさん より:

    2逃げ2サクのバランスにしたいなら、まず査定見直しして適正マッチにしてから脱出率の統計取らないと調整なんか出来ないよな

    • ID:a83949e93
      ランク1の名無しさん より:

      平均偏差値60の集団と平均偏差値50の集団にそれぞれ学力テストさせて平均点が同じにならないって悩んでるアホがプリティ

      仮に上位プレイヤーの成績でバランスを取ろうとするとしよう
      キラーランク1が上位N%なんだとしたら、それを上位N%よりも圧倒的に多いサバイバーランク1と比較するんじゃなくて、脱出率が上位N%のサバイバーと比較すりゃいいだけの話なんだよね。比較の仕方が間違ってるんだよ

  13. ID:460b46a57
    ランク1の名無しさん より:

    手ごたえのある相手と対戦してギリギリの勝負を楽しみたいような奴は
    そもそもこのゲーム、まして鯖側やらないでしょ
    脳死で俺TUEEEEEしたい奴がやってるだけだし、そういう層に需要があるゲームってだけ

  14. ID:e51755501
    ランク1の名無しさん より:

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家[1]。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。
    1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる[注 2]。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている[2]。敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

    出生地はオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州であり、国籍としてはドイツ人ではなくオーストリア人であったが、現在のオーストリア国民の大多数がそうであるようにドイツ民族に属する[注 3]。首相就任前の1932年になってようやくドイツ国籍を取得している。
    第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。
    1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した[注 4]。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し[5]、ドイツ国における全ての法源となる存在となり[5]、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた[6]。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。
    ヒトラーは人種主義、優生学、ファシズムなどに影響された選民思想(ナチズム)に基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種(ドイツ語版)と主張していた[7]。またニュルンベルク法や経済方面におけるアーリア化など、アーリア人の血統を汚すとされた他人種である有色人種(黄色人種・黒色人種)や、ユダヤ系、スラブ系、ロマとドイツ国民の接触を断ち、また迫害する政策を推し進めた。またドイツ民族であるとされた者でも、性的少数者、退廃芸術、障害者、ナチ党に従わない政治団体・宗教団体、その他ナチスが反社会的人物と認定した者は民族共同体の血を汚す「種的変質者」であるとして迫害・断種された(生きるに値しない命)[8][9]。
    さらに1937年の官邸秘密会議や著書『我が闘争』で示されているように、自らが指導する人種を養うため、旧来の領土のみならず「東方に『生存圏』が必要である」として帝国主義的な領土拡張と侵略政策を進めた[10]。やがて1939年のポーランド侵攻に始まる第二次世界大戦を引き起こし、大陸ヨーロッパの大半を占領した。この戦争の最中でユダヤ人に対するホロコースト、障害者に対するT4作戦などの虐殺政策が推し進められた。幾度か企てられた暗殺計画を生き延びたが、最終的に連合国の反撃を受け、全ての占領地と本土領土を失いヒトラー率いるドイツ国政府は崩壊した。ヒトラー本人は包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自殺したが、その後生存していたという説も存在している(アドルフ・ヒトラーの死)。

  15. ID:a71ee1adc
    ランク1の名無しさん より:

    鯖専「いっぱい煽れて楽しい!」

    これやぞ。放置キラーしてれば判る。何もしないキラー相手にロカバン、板バンするからな。

  16. ID:0d732b644
    ランク1の名無しさん より:

    正直、キラーは強さより理不尽な仕様(バグ?)をどうにかして欲しい
    板ワープ、判りずらい傷跡、引っ掛かりやすい障害物判定、攻撃判定の消失
    成功してるように見えるキャッチが外れるなど
    とにかくキラーやる度にイライラする仕様が多すぎなんだよ

  17. ID:5e9272e40
    ランク1の名無しさん より:

    フランクリン狡猾ハグで嫌がらせしよう

  18. ID:ec1ae0b53
    ランク1の名無しさん より:

    とりあえずレーティング制とかいう茶番を廃止したんだからマッチしてから始まるまでにキラー変更できるように戻してくれ。鯖だけコロコロ変えられるのはおかしい

  19. ID:3bf47926e
    ランク1の名無しさん より:

    鯖の査定を見直せ
    過度な隠密する奴はランク上がらないようにしろ

  20. ID:588a8921f
    ランク1の名無しさん より:

    放置キラーですら散々稼いでから脱出して査定+2で楽しかったとか言ってるからな
    キラーがどんな状態でも鯖様は楽しむぞ

  21. ID:27e33b3c1
    ランク1の名無しさん より:

    ここ最近持ち込まれた鍵を使わせたことないわ

  22. ID:b21afe4b9
    ランク1の名無しさん より:

    オファ追加後そもそも鍵持ちは出てくわ
    発電機固めて発電機1台残しで3人鍵脱出でpip減ってからは二度と鍵持ち込みとはやらんと決めたわ

    • ID:200688404
      ランク1の名無しさん より:

      せっかく苦労して発電機固めても向こうが発電機放棄して鍵探し出すとそれまでのゲームメイク無意味だもんな
      それで鍵出なかったら延々とすみっこで隠密して、ゲーム放棄してるのに負けを認めないやつとかほんと時間の無駄だしやめてほしい

  23. ID:c22cd9ebf
    ランク1の名無しさん より:

    389みたいにちょっとでもキラー側が下手みたいなこと言うと、すぐに「厳選メメント強アド無しで1維持」だの「連続全滅配信見せろ」とかいうガ〇ジが多すぎるんだよなあ…… 大体キラーなんてアドオンありきなのに強アドなしとかいう縛りプレイしなきゃ強いと認めないとかアホすぎるだろ 勝手に初心者キラーの代弁者気取ってるのも意味が解らん